スローコアピローはどうやって使うのか?使い方と効果について

 スローコアとはスローコアピローという頸椎けん引枕を使用して、うつむき姿勢を正しい姿勢に直すエクササイズです。


 

引用:全く新しい【自律神経】調整法。何をやってもダメだったあなたへ



 スローコアは1日に寝ながら7分間だけという、非常に簡単なエクササイズにもかかわらず、首や骨盤をはじめ体幹まるごと調整させる構成になっています。非常に短時間でうつむき姿勢を改善できます。
 スローコアは寝ながら短時間でできるため、お年寄りや忙しい人にもおすすめできるエクササイズです。


引用:全く新しい【自律神経】調整法。何をやってもダメだったあなたへ



 スローコアピローの具体的な使い方は、初めに、枕に首をのせてあごを上げます。(普通の枕だと枕に頭をのせてあごを引いた状態になります)次に片足をあげるなどのエクササイズをします。エクササイズは「うつむき姿勢を直す」基本的なものから「身体機能の強化」を目的とした上級者向けのものなどさまざまなものがありますが、その方法は全てスローコアフルパックexに付属されるテキストに記載されています。

スローコアフルパックexとは

 スローコアフルパックexとはスローコアピローの枕に加え、5つのテキストと2つのDVDとチェックシートがセットになった商品です。


引用:全く新しい【自律神経】調整法。何をやってもダメだったあなたへ



 具体的には
1.スローコアピロー
・スローコアピローの特殊形状(特許取得)が理想的な頸椎の湾曲を作り、自分の頭の重みで自然な牽引が生まれます。エクササイズを行うことにより、ストレートネックを無理なくリセットできます。さらに特殊素材で耐久年数は5年あり、防汚・抗菌・防臭・撥水効果があります。
2.スローコア公式テキストVOL.1「ベーシック」
・ストレートネックや筋弛緩トレーニングの説明や基本エクササイズの方法などノウハウが凝縮された1冊です。
3.スローコア公式テキストVOL.2「パートナー&トレーニング」
・スローコアは障害予防と回復だけでなく、身体機能の強化やストレスの解消を目的とするエクササイズです。このテキストでは(筋弛緩・筋力・体幹)トレーニングなど上級者向けのノウハウが詰まった1冊です。
4.「スローコア別冊テキストお助けガイドブック」
・ほとんどのかたがテキストにそってスローコアをすれば、その効果を実感できます。しかし、効果があまり実感できない人のために、このテキストでは効果が実感できないときの原因や対処法、こんな症状は治るかなどが記されています。
5.届いて3分すぐ始められる「特別付録超速スタートガイド」
・忙しくて時間がない人でも安心。このテキストがあれば、届いて3分ですぐにトレーニングを始められます。
6.症状ごとのスローコアの役割とは?「特別付録期待される症例集」
・スローコアをすることでストレートネックが原因でなる自律神経系症状を改善することができます。このテキストでは、頭痛、肩こり、めまい、逆流性食道炎やうつなどの症状ごとのスローコアの役割が記されています。
7.「スローコア公式DVD  VOL.1VOL.2」
・エクササイズの方法をわかりやすい動画で解説しています。
8.「チェックシート&アクションシート」
・「1ヶ月アクションプラン」「ボディチェックシート」などに自分のエクササイズの記録を記すことで自分の体の状態を正しく知ることができます。

↓1日たったの7分のエクササイズでうつむき姿勢を改善できるスローコアの秘密はこちら↓





スローコアのメリットとデメリット3選

メリット
1.短時間でいい:枕を使った全く新しい矯正プログラム「スローコアエクササイズ」を1日たったの7分するだけで体をリセットできます。体力や運動経験の有無に関わらず、老若男女高齢者の方でも安心して行うことができるまったく無理のないエクササイズです。
2.マッサージと比べるとコスパが良い:頭痛、肩こり、めまいなどストレートネックが原因でなる症状を直すための費用が非常に安くなります。
例えば通院の場合、整体・マッサージに月1回。3年間通い続けると施術費6000円/回 交通費500円/回となり、合計234,000円(全36回)かかります。一方スローコアの場合、自宅で自分でスローコアをします。3年続けても月々たったの689円です。毎日続けると、1日なんと23円です!合計24,800円かかります。
 頭痛、肩こり、めまいなどストレートネックが原因でなる症状を持っているかたは、スローコアで直せば20万円以上の節約になるため、非常におすすめです。
3.睡眠の質を高くできる:スローコアをすることで、睡眠の質を高くすることができます。なかなか寝付けない、夜中に何度も起きる、いくら寝ても寝足りない、眠りが浅い気がする、日中睡魔に襲われるという症状は異常緊張(過緊張)が生じることで、睡眠の質が低下しておきています。スローコアでは「緊張のスイッチをOFFにする」ための筋弛緩トレーニングを導入することで、睡眠の質を向上させます。
デメリット
1.普通の枕と比べると価格が高い:スローコアフルパックexは普通の枕と比べると価格が高いです。スローコアフルパックexはストレートネックによる頭痛や肩こり、めまい、睡眠の質が低いかたなどの問題を解決するための枕です。単に安くて安眠できる枕を探しているかたにはあまりおすすめできません。
2.一部口コミによるとスローコアで調子が悪くなる?:口コミによると調子が悪くなったかたが一部いるそうです。これは想像ですが、スローコアの始めのエクササイズ(ベーシック編)は力をいれない運動なのに、早く直したい気持ちから力が入れすぎてしまい逆効果になったと考えられます。そのため、万が一調子が悪くなってしまったら、もう一度テキストをよくみて、力を抜いてすれば正しいエクササイズができると思います。
3.持病やケガがある人は注意が必要:腰が痛くなったという口コミもありました。これは腰の骨を圧迫骨折した人でした。重度の持病やケガがある人は自分で判断せずに、担当医に相談してから購入するかを決めたほうが良いです。

スローコアはこんな人におすすめ

・ストレートネックを正常な頸椎湾曲へ治したい人
・身体機能の強化やストレスの解消をしたい人
・ストレートネックによる頭痛、肩こり、めまい、逆流性食道炎やうつなどの症状を治したい人
・睡眠の質を高くしたい人
上記の項目にあてはまる人はスローコアフルパックexの購入をおすすめします。

公式HPはこちら